オートロックの住まいを利用すると、ちょっとの外出でも鍵を持つ必要があります。鍵の重要性がわかります。

良い住まいに出合うための必須条件
良い住まいに出合うための必須条件

オートロックの住まいでは鍵の重要性がわかる

朝にごみ出しをすることがあります。一人暮らしや共働きなら出勤の時に行えばよいですが、主婦であれば家にいることがあります。そのときはごみを出してまた自宅に戻ることになります。ごみ出しの場所はそれぞれ違いますが、大抵半径50メートルぐらいのところにあるでしょう。往復で数分ぐらいだと思います。地方に行くとかなり離れているところに出すこともあるようです。真冬だとパジャマのまま出すのは少し辛いこともあるでしょう。

数分で戻ってくるとき、鍵をかけるかどうかがあります。面倒くさいですし、まさかこの数分の間に誰かが入ってくることはないと思っています。鍵をかけない人が多いようです。でもこれを狙っている人がいます。数分で金品を狙われるより、玄関の鍵が狙われることがあります。後で後日侵入されるのです。数分であろうと、数秒であろうと鍵をかけて、きちんと持って出なければいけません。その習慣をつけるにはオートロックの住まいだとわかります。

こちらであれば、住宅の外に出るときは必ず鍵を持って出る必要があります。そうでなければ、出た時点で鍵がかかってしまいます。入ることが出来なくなってしまいます。ちょっとの間でも鍵を持って出る習慣をつけることが出来ます。ごみ出しだけでなく、ちょっと買い物に行く、時にも鍵を持って出ることになります。人によっては、この面倒さをデメリットと取る人もいます。そうではなくて、当たり前のことを習慣化できると考えましょう。

Copyright 2018 良い住まいに出合うための必須条件 All Rights Reserved.